FXでトレンドラインがうまく引けない人へ[正しく引くには条件があるんです]

FXでトレンドラインがうまく引けない人へ[正しく引くには条件があるんです]
トレンドラインを引いてるけど、全然止まってくれないな。
下抜けたからショートしたのに下がらないなんて!
トレンドライン全然使えないじゃないか!
 
トレンドラインでエントリーしたら抜けてロスカットするし、トレンドラインを抜けたから逆にエントリーしたら、元のトレンドにもどっていったort
 
なんでそうなると思いますか??
それは、知識が不足していて正しいトレンドラインが引けてないからなんです。
トレンドラインを正しく引くためには、ある条件があります。
この条件を満たさない限り、あなたのラインは効きがイマイチのままでしょう。
 
 
すぐに改善できるんでぜひ最後まで読んでトレードに活かしてくださいね(´・∀・)
 
 
 
 
スポンサーリンク

使えるトレンドラインを引く3つの条件

 
 
 
相場で十分に使えるラインを引くためには以下の条件を満たす必要があります(´・∀・)カタッチャウヨ
 
 
  1.  高安を更新してから引く
  2.  上昇と下落を1セットで考える
  3.  基本的にひげは無視しない
 
 
 
 
ではそれぞれ解説しますね!
これから出す例は、すべて上昇トレンドに引くラインとして読んでください。
 
 
 
 
 

高値安値を更新してから引く

 
そもそもの話です。トレンドってダウ理論でいうとどういう条件でしたっけ??
ダウ理論を勉強した人は復習がてら考えてみてください。
 
 
 
ダウ理論を忘れたって人は、「ダウ理論とは?絵でわかりやすく解説[だましも説明します]」で解説していますので、見直してみてください。
 
 
 
 
 
どうですか?浮かびました??
そう、トレンドとは高値安値ともに切り上げている状態でしたよね?
つまり、トレンドラインは、高値安値が切り上げているものにしか引けません。
 
 
 
よって、起点と2点目ができただけではトレンドラインは引けません。
2点目ができたあとに高値を更新して初めてトレンドラインが引けるんですね。
 
 
トレンドラインを引くときの流れ
 

上昇と下落を1セットで考える

 
これもまたトレンドの特性を考えたらわかることですね。
 
 
 
トレンドとは高値と安値を切り上げている状態
これを言い換えると
トレンドとは、上昇と下落を繰り返しながらレートが上昇している状態
と言えますよね?
 
 
つまり、トレンドラインを引きたい時間足の上昇と下落に対して引くんです。
 
 
その時間足でよく見えないような細かい上昇と下落は、下位足で認識できるものであって、その時間足では認識出来ないので、そういう上昇と下落にはトレンドラインは引きません。

基本的にひげを無視しない

 
いろんなサイトや書籍でローソク足のひげについての論議がありますが、僕はひげを含める派ですね。
根拠としては、ひげも実体もレートがそこにあった事実には変わりないし、そもそもローソク足以外ではひげの概念すらありません
 
つまり、外国人も含めてどちらがより多くの人に意識されているのかを考えた場合は、圧倒的にひげを含めるほうが多いと思われます。
だから、ひげは含んでラインを引きます。
 
※ただし、業者によってチャートが違いますので、複数のチャートで確認して、場合によってはひげを除外するときもあります。
 
 
 
 
 

トレンドラインを抜けても、逆に行くわけではない

 
上昇トレンドラインを引いて抜けてきたからショートしたのに全然下げなかったじゃないか!
やっぱりトレンドラインなんて使えないよ!
 
って意見もあると思います。
 
 
しかし、騙されてはいけません(´・ω・`)メヲ サマスンダ
 
 
そもそも、トレンドラインが抜けたからといって転換するとは言ってないんです。
 
 
もしかしたら、相場のことをよく知らない人が適当に書いた本には載っているかもしれませんが、それは明らかに間違い
(残念なことに、よくわかってない人が書いた本ってのが巷にはあふれてます。
そういう情報に惑わされないように気をつけてくださいね)
 
トレンドラインを抜けたときの正しい対応は、様子見です。
 
トレンドラインを抜けることの意味は
 上昇の勢いが弱まった
という判断ができるだけであって、ラインを抜けただけではダウ理論で考えるとまだまだ上目線のままなんすよ。
 
つまり、トレンドラインが効かないんじゃなくて、使い方を間違ってたことで、上目線なのにショートしてしまって負けていたんですね(´・ω・`)ガンバロウ
 
スポンサーリンク

間違えやすいトレンドラインの引き方

 
ラインは慣れないとなかなか上手に引けません。
しかも、間違った引き方をしてしまうと即損失に繋がってしまうから厄介ですよね(ーωー)
 
よくある間違いを紹介します

見ている時間足に適さないライン

 

「上昇と下落をセットで引く」ができてないやつですね。
このラインは、上昇の一波のみに引かれていて下落の一波がないですね。
ただし、下位足ではきれいにラインが引けるかもしれません。
その場合は使う時間足を下位足に切り替えましょう。
 
正しくはこうなります。
1本目は若干微妙ですが、2本目はうまく波を捉えられています。
例が悪いって言わないでね(´っ・ω・)っ
 

抜けたあとに高値更新してないのに引き直すライン

 

ラインを抜けたあとの対応ですね。
これもいろんな本で画像のようなラインを引きましょうとか言ってますが、これも間違い。
こんなラインは何回抜けようが、使えません。ここで主に使うべきはダウ理論と水平線です。
 
なぜなら、「高値安値を更新してから引く」が条件だったですよね?
このラインは、高値更新してますか?
ちょこっと更新してますとかはなしですよ?
 
明らかに抜けたとみんなが判断するときに引いてくださいね。
 
正しいラインはこれね
 
説明すると、
黄色がトレンドライン
がダウ理論における目線を変えるライン
はレジスタンス候補ね
 
基本的に上昇トレンドは崩れているから下目線。
赤のレジスタンス候補を上抜けない限りは、ロングは打ちづらい状況やね(´・ω・)メンドイナ
 

まとめ 

 

最後に、こんだけ条件とか言ってますが、僕はあまりトレンドラインを引きませんw
なぜなら、トレンドラインとはレートの波を視覚化するためのものだから。
ぶっちゃけ波が把握できるなら引かなくてもいいですね(´・∀・)ムダムダ
 
それに一番大事なのは水平線です。
 
トレンドラインなんてどのタイミングでいくのかを予想する補助線でしかないっすからねん(´・ω・`)ソンナモン
※波ってのは、レートの上げ下げの動きのことで、チャートは周期的に上げ下げを繰り返しますので、トレンドラインとかができるんです。
 
そこでオススメするのが、薄目トレンドラインです。
あーなんかここにあるなぁってぐらいのうっすぅ~い色で引いとくだけでいいです。
 
 
それはなぜか?
 

レートが見にくくなるからです!

 

 
レートが見えなくなるとか本末転倒なんで邪魔しないように控えめにしときましょ(´・∀・)ヒカエオロー
 
 
 
では今回は以上
 

テクニカル分析カテゴリの最新記事