【トレードリスクを抑える簡単な方法】FXのメリットと唯一のデメリットを解説

【トレードリスクを抑える簡単な方法】FXのメリットと唯一のデメリットを解説

FXを始めてみたいけど、どんなデメリットがあるのかを知りたい。 サラリーマン生活が長いけど、なかなか給料が上がらない。
銀行では貯金も増えないし、自分のしたいことをするにもお金が必要だしな。
どうにかして今あるお金を増やせないかな。でも損はしたくないし。とりあえずFXの可能性を知りたいな。

 

こんなお悩みに答えます。

 

人によってお金がほしい理由は様々かと思いますが、僕がFXを始めたときはこのような理由でした。
当時の初任給が10万ちょっとというあまりにも少ない額に絶望して、絶対に成功してやるという反骨精神でやってきました。

なんだかんだで、今の仕事は好きですから辞めないと思いますが、いつでも辞められるくらいの技術があると心に余裕が生まれますよ(*’▽’)

しかし、僕も最初から勝ててたわけではないです。始めて4年目くらいまでは赤字続きでした。
でも損失はトータルで15万程度です。これを多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだと思いますが、僕の場合は明確な勉強基準もなく手探りの中頑張っていたことを考えると少ない損失で抑えられたと思っています。

では、なぜ僕はこんなに少額の損失に抑えることができたのでしょうか?

それは「リスク管理」を徹底してきたからです。ここをしっかりと行うか次第であなたの損失は大きく変わっていくことでしょう。

そこで、今回は損失を抑えつつ、FXの可能性を試す簡単な方法を解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

FXのメリット

まずはFXのメリットについてですね。だいたいよく言われているのがこの3つかなと思います。

土日以外は24時間トレードができる

サラリーマンにFXが向いている理由の一つです。FXは世界中の市場で取引されているため、平日であれば24時間取引を行うことが出来ます。時間がない人や早く稼ぎたい人には嬉しいことではないでしょうか?
日中は会社で働き、夜はトレードができます。これが株の場合は9時~15時っていう制限があるので、トイレにこもってトレードしちゃうトイレーダーになっちゃわないといけませんから上司に怒られてしまいますねw
まぁ僕はしょっちゅうトイレ行ってますけどw

また、僕はしていませんがシステムトレードでプログラムを選ぶだけでトレードすることも可能です。シストレで有名なのはカブドットコム証券やGEM-TRADEなどでしょうか。
裁量で難しいと思う方はシストレも視野に入れるといいかもしれませんね。

少額から始められる

FXは最小で4000円(1000通貨単位対応の証券会社のみ)くらいから始めることが出来ます。
つまり、すべてなくなっても(なくなりませんけどね)その程度の損失ですんでしまいます。
4000円っていったら飲み代とか洋服1枚買うのを我慢すれば出せますよね。

損失も小さく抑えられますので、まずは1000通貨から始めることも良いかもしれません。

1000通貨に対応しているのは外為オンラインやDMMFXなどですね。個人的には外為よりもスプレットが狭いDMMのほうがおすすめです。スマホアプリのDMMFXもなかなか使いやすいですよ。
あ、あとあの有名なYahooもFX(YJFX!)をやってます。こっちは大手ですのでサーバーや倒産リスクなさそうで安心できますね。

収益は青天井

FXはかけるお金によって利益が変わります。
例えば、4万円で1万通貨(Fx用語で1万通貨のことを1枚と表現します。以下同じ)のトレードをした場合、10pips(1pipsとは円であれば0.01円(1銭)のこと)の利益があったとき、0.01円×10(pips)×1万通貨=1000円の利益となります。

これを、10枚でトレードした場合は
0.01円×10(pips)×10万通貨=10000円
100枚でトレードした場合
0.01円×10(pips)×100万通貨=100000円

ではこれを、20日間続けたら?
10pips×20日=200pips
1枚なら 2万円
10枚なら 20万円←僕の枚数はこの辺り

100枚なら 200万円!!(゜ロ゜ノ)ノ!!

どうですか?これって凄いことだと思いませんか?やってることは同じなのに収入は100倍!!こんなことサラリーマンでありますか?

いや、ないですよね!? 絶対に!!

パソコンの先に金塊が転がってるんですよ。これは拾わなきゃ損ですね
ちなみにこの10pipsって、どれくらいで取れると思いますか?なんと、取れるときはたった数秒、時間がかかっても1時間程度でとれてしまいます。

どうでしょうか?FXにどれだけ可能性があるかは、これでご理解いただけたかと思います。

FXのデメリットとリスク管理

では、そんな素敵なFXのデメリットはなんでしょうか?

よく言われるのは次の4つかなと思います。

急激な価格変動のリスク

FXでは重要人物の発言や経済指標の発表によって急激に価格変動が起きる場合があります。うまくいけば爆益に繋がりますが、たいていうまくいきません。
主な指標は、月始めの米国の雇用統計だったり、FOMC(夜中にめっちゃ動きます。寝落ち注意!)、日銀総裁の黒田さんの「黒田バズーカ」あたりですかね。
巷には、指標のときにトレードして爆益を狙うなんて人もいますが、かなりリスクが高いので初心者の方はわざわざ負けに行かないでくださいね

証券会社のシステムダウンによるトレード不能

これたまに発生するみたいです。実は僕自身も一度C社で体験しまして、決済することができずにかなりドキドキした経験があります。
さすがにあのときは焦りました。なんせ含み損がどんどん膨らんでるときに追い打ちで注文不可になっちゃいましたからね。目の前で大きくなっていく含み損をただ見るのはつらかったですよ。

レバレッジリスク

これは運用資金に対しての適切なレバレッジ倍率のかけ方がわかっていない場合に資金減少を速めてします。またデモトレードすら勝ててもいないのにレバレッジをかけて大口でトレードするのは、即退場の元ですからやめてくださいね。

スプレットとスリッページ

上の指標とかと少し話が被りますが、指標発表時などはスプレットの幅が極端に広がります。エントリーした瞬間ロスカットなんてことも普通にあり得ます。
あと、注文したときの価格と違う価格になってしまうスリッページもよく指標のときに発生します。
これに関してはFX会社によって強さが変わりますので、初心者の方はなるべくスプレットが広がらないところを選択すると被害は免れます。

以上がよく言われるFXのデメリットですね。

ただ、僕的には、これらはリスクではあっても管理できるものであるためデメリットにはなりえないと考えています。

スポンサーリンク

FXの真のデメリット

では、FXの本当のデメリットってなんでしょうか。

僕が考えるFXのデメリットは一つだけです。

それは「勝つためには努力する時間が必要」ということです。

ほんとにこれだけ。短期間で利益を上げる方法などよく紹介されていますが、残念ながらそんな都合のいい方法はありません。FXで利益を出すためには真剣に勉強に取り組んでいかないといけないため時間がかかります。
しかし、それ以外のデメリットは、あってないようなものです。なぜならリスク管理すれば、損失は出ないようにすることが出来るためです。

これからFXしてみようと思う方は、FXをあなたの仕事と思ってください。

年収1000万越えるような仕事が楽に就職できるわけないですよね?でも技術を身につけてしまえば楽になります。時間も会社からも解放されて自由になります。これは人生の先行投資なんです。

本気で勉強すれば、答えてくれる。それがFXなんですよ

損失を抑えるための「リスク管理術」

さきほどのリスクに対してそれぞれのリスク管理を説明します。

急激な価格変動のリスク

「指標時はトレードしない」これを徹底してください。

たとえ自分が思った方向に行っててもそれは「取れない利益」です。もし逆の方向だと見ていたら、相当な痛手になっていたことでしょう。

相場には「織り込み済み」という言葉があります。指標の結果がプラスだったとしても、発表前にその情報でそこまで買ってきた人たちが利確することで下がることを言います。よって、指標の内容でトレードすることは、我々一般人には不可能でありリスキーと言えますね。

よって、指標時はトレードしない。重要指標は必ず静観することが大事です。

僕はスマホのカレンダーに重要指標だけ予定として入れてその日一日忘れないように習慣付けています。

証券会社のシステムダウンによるトレード不能

回避不能の思えますが、これもちゃんと回避できます。
それは、別会社の口座で反対のトレードをすることです。それで少なくとも損が広がることは抑えられますね。
なので、できればトレードしている同じ枚数を張れる分の資金を他の証券会社に作っておくことをおすすめします。あんまりありませんが、額が大きくなってくると脅威ですよ
システムの信頼性が高い口座の判断基準としては、経営資金が豊富かどうかが決め手になるかと思います。おすすめとしてはGMOクリック証券、YMJ!あたりでしょうか。

レバレッジリスク

これは長くなるのでまた別の機会に説明したいと思います。

簡単に言うと、いくらまで損失に耐えられるかを設定し、そこからレバレッジ倍率と必要資金を計算するというものです。レバレッジが効くからといきなり大金つぎ込んじゃうと即退場食らいますよ( ;∀;)

スプレットとスリッページ

スプレットが広がる時間帯を覚えてください。だいたい朝6時頃~8時、夜の21時半23時の間が広がりやすいです。夜は主に指標絡みで広がりますので、指標に気を付けていればOKです。

あと、FX会社によって強さが変わりますので、初心者の方はなるべくスプレットが広がらないところを選択すると被害は免れます。

ということで以上が僕の「リスク管理術」でした。
いかがでしたでしょうか?FXを始める前の不安がこれで解消されたかと思います。

まずは、デモトレードか、少額の1000通貨から取引開始してみましょう(^^)/

初心者から勉強カテゴリの最新記事