FX初心者が失敗しないために初めに学ぶべき基準【これを間違えると勝てません】

FX初心者が失敗しないために初めに学ぶべき基準【これを間違えると勝てません】

ぐーてんたーくぅ

ズウだよ(・ω・)/ヤァゲンキ?

 

 

 

FXしてるとさ、ロングと思ったのに逆にどんどん下がって行ってロスカットってなったり、負けて熱くなって無謀なトレードで大怪我したりとかしちゃうよね。

そんなときにさ「もうマジでわけわからぁぁん!!どうすればよかったんや?!!何を検証すればいいの??」

って迷ってるお方はおりませぬか??

 

この機会にね、その基準を一回見直してみましょ(´・ω・)オノレヲ カエルゼヨ

 

 

初心者の人は、どんなルールでエントリーしたらいいかが全然わからないですよねぇ
そもそもルール自体があいまいな人が多いんじゃないかな。
ていうか、ルール作りたくても作れないですし、どんなに勉強したつもりでも、それが正解かわからないってなってません?

 

実はこれがFXの厄介なところなんすよ

 

たとえ正解でも負けることがあるんで、本当にそれが正解か迷っちゃうんですよね。
だから、すこーし負けだすと違う手法を試したくなっちゃう。

 

そこで、初心者が初めに選ぶべき基準を2つ紹介しますんで、騙されたと思ってやってみてくださいな(´・ω・`)

※この基準だけでも使いこなせれば、ちゃ~んと勝ち組になれます。ほかにはなにも要りませんが、補助でインジとか使えるならいいと思います。

スポンサーリンク

ズゥ必殺のハイパーキジュン

FXっていっろーんな種類の手法が無数にあります。

そんな無数の手法を一つひとつホントに優位性があるのかを調べるのってすごく大変!ていうか、無理っすよね?

移動平均線ひとつとったってさ、数値が違えばゴールデンクロスしないし、効いてない平均線使っちゃうと上手くいかなかったりするんですよ。
※使えないってことではないけどね

そんなホントに優位性があるかわからないものに時間使うのはすごくもったいないと思うんです。

でもこれから紹介する基準は、間違いなく優位性があります。だって世界が認める基準だもん。まさにハイパーです
そんな間違いない鉄板を押さえときましょ

では早速ご紹介します!

1つ目の基準

まずは一つめのきじゅぅんっ!

 

世界中のトレーダーたちのぉぉぉぉ

 

基ぃ礎ちゅーのぉーー基礎知識ぃ!!

 

 

じゃ
じゃ
じゃ
じゃ
じゃ
じゃーーーーーーーーーーん!

 

 

 

その名もぉぉぉ!!

 

 

 

 

ダァァウリロォーーぅぅんんん(*`Д´*)

 

 

※ダウ理論と叫んでいる姿を思い浮かべながらお読みください。

( ̄ー ̄)ドヤァ

 

 

・・・・・。

 

 

 

( ゚ー゚)ん?

 

 

( ゚Д゚)?え?もう知ってるって??

 

 

ほんと?  まじで? あますことなくすべてをご存知?

 

期待させてすまなんだ…

 

 

いやいやでも重要なんですよーまじで!!

世界の常識なんだから!!

 

ホントに使いこなせてますか?
出来てるって人はたぶん勝ち組に片足突っ込んでますよ?
もしそうでないって全然結果出てないって人はもう一回学び直すことをオススメします(´・ω・)フクシュウジャ

 

 

2つ目の基準

んじゃ気を取り直して

おつぎっ!二つめぇの基準ぅん!!

 

これはだれが言い出したのか?!

 

いつからやつらは存在していたのか?!

 

やつらはワールド級の無冠のチャンピオン!!

 

 

その名もぉぉぉぉ!!

 

 

 

チャァァートォォォパタァァァァーーーーン!!!

 

※チャートパターンと叫んでます。

 

 

 

 

はい、今回はテンション高めでやってます。
もうウザイですね。やめやw

 

てことで、オススメの基準はダウ理論チャートパターンです。

 

なんだーそんなことかって思われるかもしれませんが、今までスルーしてきてませんでしたか?
意外と重要なんすよー
これ極めると勝ち組になれますし。
これだけで月200は取れるようになります。

 

なにを隠そう僕のトレードスタイルの核そのものなんすよね(´・ω・)マジスカ

なぜこの2つなのか

どうしてダウ理論とチャートパターンっていう手垢がつきまくったきったねー基準をオススメするのか?

それは僕がレートこそ最強だと確信してるからです。

 

くわしく言うと、さっき例えで出てきた移動平均線の手法があるとしますね。
移動平均線は使う人が多いとはいえ、すべてのトレーダーが同じ数値の平均線を使ってはいません。それにプラスして各時間足毎にチャートは別れますよね?

もはや、チャート上には無数に平均線があると言っても過言ではありません。

そんなだれが見ているか分からない基準でトレードするときの優位性ってどの程度のもんだと思いますか?

 

基準ってのは、どれだけ同じものを世界中のトレーダーが見ているかが、根拠としての強さとなります。
同じものを見てるなら同じ判断が出来ますからね

と、いうことは、

ということはですよ??
言いたかったので2回言ってみた(´・ω・)コウイウヒト イルヨネ

 

レートなら世界中のトレーダーが同じものを見ている

根拠の強さは最強

 

とは言えませんか?
これこそがレートこそが最強と言える根拠になります。

だからこそ、そのレートの法則を表したものであるダウ理論チャートパターンを初めに学ぶべきだと僕は考えます。

 

ちなみに、この2つを最初に学ぶべきですが、ここでは詳しく説明しません。
内容については、いずれ記事を書きますが、他のサイトにも記事がありますのでグーグル先生に聞いてみてください。

ささ、先生!ググっと一発ヤっちゃってくだせぇ!(´・ω・)ウム  ( ・`д・´)

 

 

スポンサーリンク

実践で使えるようにするには

この2つの基準はなぜ法則の通りの形になるのか?

この仕組みが理解出来ないと、「やっぱ使えねーなぁ」ってなります。
チャートは売り手と買い手の心理から出来上がります。
だから、こういう法則が出来ます。

まずはその心理をちょいと自分で考えてみてくだせぇ( ´・ω・)シ ヨシヤッテミヨ

 

で、実践で使えるレベルにするには理解を深めることが大事なのと、それを使ったトレードをある程度パターン化しトレードを集計する作業が必要です。

 

具体的には以下の例をみてください。

 

ズウ専用ロングガンダム

基準:ダウ理論 上昇トレンド発生時の押し目

基本パターン:前回の高値から高値を超える前の直近安値の間でロングが入る。高い確率で〇〇までいく等

基本が崩れたパターン:あるポイントを抜けると崩れる。そのときの売りが△△まで来たら◆◆で売り、□□まできたら■■で売り

崩れたけどまた持ち直したパターン:××を上に抜けたら再びロングする

勝った時の決め台詞【売りなんて当たらなければどうということはない】
負けた時の負け惜しみ【私もよくよく運のない男だな】

※例なので、中身は気にしないでくださいね(´・ω・)シャア ジャナイヨ

こんな感じでそれぞれのパターンをあらかじめ用意して、ご利用は計画的にする。セリフも準備ね。
これで準備は完了です。

 

これを元にして、トレードをやってみてトレード記録を集計し、また調整していきます。

 

これを繰り返すことでやっとリアルタイムでの使用に耐えうる基準の出来上がりですね(´・ω・)ヨッ!オツカレ

 

まとめ

実際にこの2つの基準が使えるかどうかは自分次第です。

まずはやってみることが大事。やってみないと分からないし、動いた人は確実に勝利に近づくよ。

で、データを集めて経験値を稼ぐ
テッテレー!!レベルアップぅ!!

ほんとこれの繰り返しやんね。

 

うまい人にトレード結果見せたってだめよ?自分が自分のこと分からないと意味ないし、人によって見え方は全然違うからね。
というかその人がなんで負けてるのかを人に言われても、自分でしっかりと理解してないからその負け方は治らない。
結局は「経験値」これがものを言う世界なんよ

 

近道はないっ!わが道を行くのみ!!
さぁ今から手を動かしてみよう

 

 失敗しない基準を学ぶ手順まとめ

  1. ダウ理論とチャートパターンを徹底的に勉強し続ける
  2. それぞれの法則の中身をただし~く理解する
  3. 理解できたら、それをパターン化する
  4. 出来たパターンを使ってトレードしてデータを集める
  5. パターンを調整し、リアルタイムでも使用できるようにする

テクニカル分析カテゴリの最新記事