東芝VC-NX1 家電芸人オススメの掃除機を徹底レビューしてみた

東芝VC-NX1 家電芸人オススメの掃除機を徹底レビューしてみた
どうもズウです。
 
 
つい先日、ふらっと立ち寄った電気屋さんで、7年くらい前に買ったコード式掃除機からコードレスクリーナーに買い換えました。
☆ザ・衝動買い☆です(`・ω・´)ゞカイマスタ
 
 
 
 
 
買ったのはアメトークの家電芸人で紹介されて気になってたやつで、東芝のVC-NX1っていうキャニスター型のコードレスクリーナー。
 
 
これね、使ったらわかる!いいやつやコレ!!
このVC-NX1は、か・な・りオススメ
母がダイソンを使っていますが、正直ダイソンより全然いいですね。
 
そこで今回は、他にもアメトークで紹介されていたシャープのRACTIVE Air EC-AS500と比較しながらVC-NX1を徹底レビューしていきます。
 
スポンサーリンク

買ってよかった東芝コードレスクリーナーVC-NX1

 
コード付き掃除機って、
  • コード引き出すのがめんどくさい
  • コンセントないところでは使えない
  • コードが届かないところは付け替えなきゃいけない
 
って、ところがめんどくさくって、掃除機を出すのすらおっくうでした(ヽ´ω`)
おまけにコードがこすって、我が家の角の壁紙はぼろぼろに破壊されてしまう始末。
 
おかげでそのはがれた壁紙を見るたびに
この恨みっ!いつか晴らしてくれようぞっ( ;゚皿゚)
という黒い感情を掃除機にもっていた僕でした。
 
 
そんなある日、たまたま入った電気屋さんで家電を物色していると、誰かが僕を呼ぶような声が聞こえた気がして吸い込まれるように掃除機コーナーへ行ってしまいました。
 
そして、最新の掃除機たちを見ていると、あのときの黒い感情が僕に話しかけてきたんです。
 
 
がほしいか?
が欲しければ…
 
くれてやる!!」
 
※力 = コードレスクリーナーと読み替えてください
 
 
 
えぇ、お察しのとおり、ここで僕の意識はなくなりました。
 
 
 
ハッと我に返ったとき、会計が終わり、コードレスクリーナーが僕の手の中に収まっていました( ̄□ ̄;)
 
こうして、僕は力(コードレスクリーナー)を手にいれ、のちに家中のゴミたちから恐れられる存在となったのです。
 
 
 
 
おわり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
っとあぶねぇ!
購入ストーリーで終わってしまうところだった!!
 
 
レビューでしたね!聞いてください、僕のレビュー
 
 
 
 
さっそく帰ってVC-NX1を使用してみました。
 
コードを出さずにスッと掃除が始められる
エレガンツ‼️そしてクール‼️
 
コンセントないとこだって全然平気!
階段だってスイスーイ
コードが届かない?ありえなーいΨ( ̄∇ ̄)Ψウェーイ
 
 
 
 
破れた壁紙だって、なお・・・
 
らないよね、そこは( ;∀;)ウォーン
 
 
 
 
 
と、に、か、く
快適・便利・オシャレ‼️
 
VC-NX1さいこぉーっすわぁ( ´∀`)イヤッフゥ
 
 
まだ持ってない人は要チェックですよ!
もう待てない!っていうせっかちさんはこちらからどーぞ

東芝VC-NX1 vs シャープRACTIVE Air EC-AS500

僕が見たアメトークでは、紹介されていた掃除機が2つありまして、今回僕が買った東芝のVC-NX1と、シャープのRACTIVE Air EC-AS500です。
電気屋さんには2つとも展示されてたんで、今回は2つを比較してレビューしていきます。

 

パワーは明らかにVC-NX1が強かった

吸い込み口に手を当てて比較してみたところ、おまかせモードはどちらも大差なし。
しかし、強モードは明らかにVC-NX1のほうが強力でした。コードつきのものと比べても全然負けない吸引力!

いやむしろコードつきより強いよ、これ

これならゴミが取れなくてイライラすることもなくてよさそうですね。

 

VC-NX1の使用時間60分は心強い

 

コードレスクリーナーの弱点は、やっぱり連続使用時間が少ないことですよね。
どちらも20-30分は使えるみたいですが、VC-NX1は標準使用で60分、対してRACTIVE Air EC-AS500はバッテリー2つ使ってやっと60分使用可能とのこと。

VC-NX1のほうがバッテリー持ちは良いのははっきりしてますし、60分もあれば掃除できない家はないですね!

 

ヘッドの掃除範囲とブラシの違い

これは結構違いがありました。
ヘッドの横幅が広いほうが一度に掃除ができますので広い場所では時短になりますよね。
で、比べてみたのがこちら

ご覧のとおりRACTIVE Air EC-AS500は少し小さいです。同じ面積を掃除するには、何度も往復しないといけませんので、効率が悪くなりますね。

ブラシにも違いがありました。
VC-NX1は隙間なくブラシが配置されていて、より多くのゴミをキャッチできるのに比べて、RACTIVE Air EC-AS500では写真のとおりかなり隙間がありました。


さらに、ブラシを回転させるゴムのベルトもRACTIVE Air EC-AS500は細くて頼りない感じ


実際に前の掃除機のブラシは途中で壊れてしまいましたので、ベルトの耐久力も地味に大事。

キャッチ力とブラシ構造では、VC-NX1がより効率的に長く使えますね。

駆動音が静か

VC-NX1RACTIVE Air EC-AS500の作動音を携帯アプリの騒音計で比べてみました。
電気屋さんで測りましたが、条件は同じなので問題ないと思います。

VC-NX1

強運転 65dB

標準とおまかせ運転 59dB

 

RACTIVE Air EC-AS500

強運転 68dB

標準運転 69dB

強モードではどちらも大きな違いはありませんが、標準運転では最大で10dBもの違いがありました!
実際に聞いてみても、明らかにVC-NX1のほうが静か。
ちなみに家で使った場合も同じ59dBでした。

一番驚いたのは、掃除機を使ってもテレビの音の邪魔にならないこと!

そりゃ多少うるさいですけど、普通にテレビ見れます。

 

あれ?渡した?の軽さは感動もの

これはRACTIVE Air EC-AS500の圧勝です。
アメトークでも宮迫さんが掃除機を渡されて

「あれ?渡した?」

と聞くぐらい軽いと紹介されていましたし、一番の特徴でもありますから当たり前ですね。

 

ためしに僕も指で持ってみました。

全然重くない!かるすぎですよ、シャープさん

 

VC-NX1もかなり軽くて扱いやすいんですが、RACTIVE Air EC-AS500と比べてしまうとやっぱりちょっと重いですね。

ただ、キャニスター型なのでそもそも本体を持ち上げることがあまりないので気にならないレベルではないでしょうか。
どちらも今まで使ってた掃除機に比べると、かなり軽いんで、何年か前の掃除機から買い換えるって人はどちらも軽くて快適ですよ。

充電方法と収納は人によって評価がわかれる

RACTIVE Air EC-AS500は本体にバッテリーを差し込むタイプになっていて、充電するときはバッテリーを外して充電器に差し込む方法です。

RACTIVE Air EC-AS500のバッテリー

バッテリーを外してみた

外したバッテリーは、充電ステーションに設置する

※使用時間60分はバッテリー2個使用時。書き方ズルいよね

対してVC-NX1は、本体を直接充電器に設置して充電するタイプです。

VC-NX1の充電状況

これは、一長一短があると思います。
特に我が家ではVC-NX1の充電方法は困りました。

なぜなら、直接充電器に設置しなくてはならないためコンセントがあるところにしか収納できないんです。
今まではリビングの収納に入れていたんですが、そこにはコンセントがなくて置けなくなってしまいました。
これは気を付けたほうがいい点ですね。

RACTIVE Air EC-AS500なら、バッテリーと本体が別なので置く場所は選びませんね。わざわざバッテリーをつける手間はありますが…

それと両者それぞれ収納時の高さが110-120cmありますので、収納場所の高さにも注意が必要です。

VC-NX1の充電時間5時間は痛い

VC-NX1のバッテリーの連続運転時間は、標準モードで60分、ゴミや床の状態を感知して自動で運転を切り替えるおまかせモードでも20-30分で運転時間は長いが、その分充電時間が5時間と長いです。
一度使いきってしまうと半日使えないってのは痛いですね。

その点RACTIVE Air EC-AS500なら、1時間20分と短時間で充電できますので、長時間や頻繁に使用する用途にはRACTIVE Air EC-AS500が向いてますね。

充電回数は、VC-NX1なら3100回で圧勝

RACTIVE Air EC-AS500は、店員さん情報では充電回数は1500回ほどとのこと。
しかし、VC-NX1なら3100回。実に倍以上の電池持ちですね。

コードレスですので、電池は消耗品。
電池の充電回数も大事なポイントですね。

気になるお値段

現在の価格ドットコムの値段ではこちら。※2018年7月時点
VC-NX1 52,335円
RACTIVE Air EC-AS500 44,737円

値段面ではRACTIVE Air EC-AS500が8,000円ほど安く、買いやすい値段設定ですね。

値段の確認はこちらからできます。

 

 

スポンサーリンク

VC-NX1の写真を撮ってみた

セット内容はこんな感じ

ヘッド部分


ヘッドのLED ここの部分が光ります。

こんな感じ


これは、ソファーの下など暗いところの掃除がとっても楽チンになります。きたねぇ(´・ω・)

ヘッドの掃除のときは左右のツマミを外します


中はこんな感じ


ブラシを外したところ

ブラシの回転ゴム 太さが違うぜ

取っ手のボタンの様子


本体


本体の裏 裏返っても同じように使えますので移動が楽々です

ダストボックス くぼみのスイッチで飛び出してきます

中身はこんな感じ すべて水洗いできます


充電器はこんな感じ コードが邪魔w


充電器設置後

このまま手前に引くと、そのままコロンって転がって使用できます。めっちゃ手軽!!


この高さに注意だ。うちは元の場所には入らなかったort

 

スペックを比較してみた

それぞれのスペックを比較してみました。

  東芝のVC-NX1 シャープのRACTIVE Air EC-AS500
モーター DCモーター ACモーター
集塵方式 サイクロン  サイクロン
重量 4.2kg(本体2.8kg) 2.9kg(本体1.8kg)
充電時間 約5時間 約1時間20分
電池寿命 3100回 約1500回(店員さん情報)
集塵容積 0.4L 0.25L
消費電力 充電中23W 充電完了2W 本体を外したとき0.1W 充電中40W 待機中0.5W
連続運転時間 標準60分 強約7分 おまかせ20-30分 弱モード30分 自動エコモード20分 強モード8分
水洗い ブラシ、ゴミボックス、フィルターを掃除可能 ブラシ、ゴミボックス、フィルターを掃除可能

 

 

まとめ

総合的に判断して、僕はVC-NX1を選びました。
決め手としては、持続時間とパワーで選びました。

 

VC-NX1は、こんな人に向いてますね。

  • 1日1回しか掃除をしない
  • 掃除機を持ち上げることはない(軽いけどね)
  • パワーがほしい
  • 手軽にパッと使いたい
  • 壊れにくく、長く使いたい

しかし、RACTIVE Air EC-AS500もかなり魅力的です。
手に持ったときの軽さはなかなかの衝撃ですよ。
用途によってはRACTIVE Air EC-AS500のほうがいい方もいるんではないでしょうか。

RACTIVE Air EC-AS500はこんな人に向いてます。

  • 頻繁に使ったり、長時間使うことがある。
  • 収納場所を選びたくない
  • 手に持って掃除をするんだいって人

今回紹介した二つの掃除機は、掃除機の中ではなかなか値段が高いです。
しかし、両者とも買って損はない掃除機で、自信をもってオススメできます。(`・ω・´)ゞ
今後新商品がでてきても、少なくとも10年近くは使えるのではないでしょうか。

 

まだコード付き掃除機を使ってるって人は、ぜひこの機会に買い換えてみてください。

 

あまりの快適さに、きっと感動しますよ。

コード付け替えるがめんどくさくてなかなか掃除機を出しませんでしたが、これに変えてからサッと掃除機をすぐ使えるようになりました。
結果、おうちがキレイになって大満足です(´・∀・)

 

気になった方はこちらからチェックしてみてください。

体験・レビューカテゴリの最新記事