初期投資ゼロ?!損せず勝ち組になるFXの始め方

初期投資ゼロ?!損せず勝ち組になるFXの始め方

FXを始めたいけど、どうやって始めたらいいかを知りたいな。

とりあえず一通り基礎は勉強したけど、実際に始めるとなると、必要なお金や物をそろえるのにいくらかかるんだろう?

パソコンとか高そうだし、出来ればあまりお金をかけずに始めたいな。

こんな疑問に答えます。

 

 

今回の記事では、初心者が損失を抑えて勝ち組になるために、どういうルートで始めていけばよいのかをテーマにお話します。

相場から退場せずに長く生き残ることが出来れば、それだけ成功の可能性はぐっと上がりますので、ぜひこの記事を参考にして生き残ってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

さっそくFXを始めるために必要な環境を整備しよう

 

まずは、FXができる環境を作っていきましょう。

その人の状況によって違いますが、うまくやり繰りすると意外にも初期投資を抑えることができます。

 

最低限必要な証拠金はいくら?

FXではトレードするために証拠金が必要になります。この証拠金を担保に取引するんですね。

では、具体的にどのくらいお金を用意する必要があるのでしょうか。

 

最近の証券会社では1000通貨単位の取引を扱っているところがかなり増えてきましたね。
もしあなたが1000通貨から始めようと思っているなら必要な証拠金は4500円となります。
飲み会一回分くらいでしょうか。1000通貨だとかなりリスクを少なく抑えることが出来ます。

ただ、それだと利益も10PIPSで100円かなり少ないです。
人によっては道のりが遠すぎてモチベーションが続かない恐れもあります。

ということで、僕の考えとしては、できれば最初は1万通貨から始めてもらったほうが結果的に近道なのかなと思います。

長期になればなるほどモチベーションの維持が難しくなってきますから結構重要なポイントかもしれませんね。
その場合は一回の取引に必要な金額は4万5000円くらいです。

さらに、4万5000円ぎりぎりだと一度損切りしてしまうと、もうトレードができなくなってしまうので負けの余裕を持たせる必要があります。

僕の場合は、ひと月に150PIPS(1万通貨で1.5万)負けても大丈夫なように資金管理してきました。
その月で150PIPS負けたら枚数を1段階落とすっていうルールです。
みなさんそれぞれに資金が違いますのでどれくらい負けられるかを考えて設定してみてください。

まとめると必要な証拠金は、合計で6万円くらいあれば十分トレードができるかなと思います。

最初はデモで十分ですので、6万円なければこれからデモをしながら貯めていきましょう。

トレード環境を整えよう

次はハード面の準備をしましょう。

必要なものは、PCネット回線が必須になります。

 

まずはPCを準備しよう

準備するPCは、正直言うとチャートを表示するだけなので、かなり低いスペックでも大丈夫です。
それぞれ予算と相談して選んでみてください。

僕はデスクトップPCなんですが、ノートPCもバッテリーが良くなってきて家の外でも十分使用できるから便利ですよね。
そのうちスタバでトレードとかやってみたいです・・・( ’ω’)カッコイイヤン

最近では、外で使えるようにWi-FiとPCがセットで使えるプランもありますので、いろいろ決めるのがめんどくさい方にはいいかもしれません。
パソコン市場ではPCとネット回線を一緒に揃えられますので簡単ですよ。
これで外でトレードっていう解放感を味わえますねw

パソコンとネット回線を一緒に手に入れてみる(パソコン市場)

ただ、個人的にはどうせPCを買うならある程度のスペックをもったデスクトップPCがいいと思います。
なぜかというと、トレードしてるときって待ちの時間が非常に長いんです。
だから必然的に複数の作業をしながらトレードすることになるんですよ。

僕はいつもトレードするとき、YouTube聞きながらネットサーフィンやってて、たまにチャートを見るみたいな状態です。あとはゲームもしてたり。
もう完全に遊んでる人にしか見えないという見た目ですねw

ただ遊ぶことだけではなくて、FXを学んでると動画を撮ったりとか複数のソフトを起動したりとかで中スペックくらいなら要求されることも多々あるんです。
だから、余裕あるなら少しスペック高めが将来的にみるとおすすめですよ。

 

ちなみに僕がPCを買ったのは、BTOってタイプのPCです。これは自分に必要なものだけ選んで注文できるってタイプで、比較的高スペックを安く買うことができます。
BTOパソコンで有名なのはFRONTIER ですね。ここでは安くて4万2800円からデスクトップPCを販売してます。

試しに僕がいいなって思う設定でカスタマイズ見積もりしてみた結果がこちら。

液晶モニタも一緒に注文していますので合計で7万超えてしまいましたが、性能はなかなかではないでしょうか?
ちなみに何も変更せずに液晶モニタのみ追加した場合は5万6600円でした。

カスタマイズ自体はサイトで簡単に行えますので一度見てみてはいかがですか?

・【FRONTIER】でBTOパソコンを見てみる

 

家電量販店には、メーカーものが多く置いてありますが、不要なソフトや機能が多い分高めの設定になっています。
BTOとの比較をしてみました。同じくらいのスペックを比べましたが差額は2万以上出ていますね。しかもBTOのほうが若干スペックは上という・・・

 

 

メーカーものもアフターメンテナンスなどが充実してるかもしれませんので、お好きなほうをえらんでください。

ちなみに、最近僕が気になっているのがこちらのPC

めっちゃ小さい!
これでデスクトップPCだそうです。
しかもスペックもなかなか悪くなさそうです。

 

あとは、もし中古でもいいよって人は中古PCもなかなかいいですよ。
値段の割にスペック高いですし、補償も充実しているので壊れても安心です。
どうしてもお金ないって人は、中古だとグッと費用を抑えることができますよ。

中古PC販売でおすすめはここ。ハードディスクなどの永久保証がついてます。液晶についても60日間の保証がついてますので、もしよくないものを掴まされても大丈夫ですね。

 

パソコンが用意できたらネット回線を引こう

次はネット回線ですね。
ネットをまだ繋いでないって人は大チャンス。もう契約してる人もチャンスかも

タイトルにある初期投資0にする方法ですね。

方法って偉そうに言ってますが、要はネット開通時のキャッシュバック狙いです。
もうそれはそれはめちゃくちゃキャッシュバックされちゃいます。

だいたい6~8万円くらいはいけそうです!これでパソコン代くらいは返せちゃいますよね。
ネット代は、どうせFXするなら必要になる経費ですから、これをきっかけに大量キャッシュバックをもらっちゃいましょう。

ドコモユーザーなら最大70,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

auユーザーならコミュファ光がおすすめです。
全員最大80,000円キャッシュバック中です

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光
新規申込みで60,000円キャッシュバック【SoftBank 光】中です。

auとソフトバンクは、スマホ代を割り引いてくれるので家族が多ければそれだけお得になりますよ♪

あとはなくても大丈夫だけど、せっかくなら机と椅子も揃えときましょう。
長時間作業をすることになるから意外と重要で、疲れない椅子じゃないとすぐに眠気に襲われちゃいますよ。
机もL字型本棚付き変わり種のローデスク型などいろいろありますので探してみてください。

【LOWYA】

このサイトは結構オシャレでリーズナブルな机が多くてお気に入りです。

 

【FLYMEe/フライミー】

あと全然関係ないですが、ここはインテリアがめっちゃオシャレなサイトです。机もかっこいいのをそろえてますよ(^^)/高いですけどね( ´-`)

 

最初に必要なお金をまとめるといくら??

ここまでで必要なお金をまとめてみましょう。

証拠金    60,000円

PC      60,000~100,000円

ネット回線 月5,000円以内(キャンペーン利用で開通工事代などは無料にできる)

合計で125,000~165,000円ってとこでしょうか。

ただ、始めはデモトレードでいいので証拠金はあとでも構いません。とりあえず初めてみるなら最低65,000円くらいでできそうですね。しばらくするとネットのキャッシュバックも貰えますので、それで初めてみれば設備の初期投資は回収可能ですね。実質0円です( °∇^)

損をしないで勝ち組になるために

ここまででFXを始めるための準備は整えられるかと思います。

ここからは、今後あなたのFX人生においての損失を抑えられるかどうかが決まりますので、しっかりと下の記事を読んで行動してください。

損をする人がよくする愚かな行動 絶対にやってはいけないこと

まずはどういう人が大損をしてFXから退場していくのかを知りましょう。だいたい以下の4つの原因が多いかなって思います。

いきなり大金投入する

大金入れて一気に稼ぎたいって気持ちは凄く分かります。

しかし、そのリスクも分かってないと後悔しますよ。
口座に100万円あるのに1万通貨でちびちび運用しませんよね?必然的に大きな枚数張ってトレードし出すと思います。
当たり前ながらFXを始めたばかりの人が勝てるほど相場は甘くないです。枚数も大きいので損害もひどくなります。
ほぼその大金は半減することでしょう。巷でよく聞く失敗談がこの類いですね。

なにも勉強せずに安そうとか高そうっていう感覚でトレードし始めちゃう人によくある傾向です。

僕の知人にも一人いました。その人は50万円を数日で溶かして悔しがってました。
でもまぁ、そうなるだろうなって思ってました。だって、チャートすら見ないんですもの。

勉強しない一攫千金だと思っている

初心者の方の夢を壊すようで申し訳ないのですが、FXは短期間で何千万も手に入るものではないです。
また勉強しないと絶対に勝てないです。

あと勉強しても勝てないです。

じゃあどうやったら勝てるのかって思われるかもしれませんが、勉強して始めてスタートラインに立てるんです。
それから、その勉強の知識を使って経験を積むことで勝てるようになります。
だから、勉強が出来ないって人は下手に手を出すのはやめて投資信託の積み立てしたほうがいいですよ。

許容損失額を把握できていない

経済用語で塩漬けって言葉がありますが、知ってますか?
これは、人はある一定の含み損を抱えると損失の確定が出来なくなるというものです。

想像してみてください。
あなたは100万円でドルを買いました。しかし、いきなり急下落してしまい、現在は半額以下の30万円になってしまいました。しかし、最初上がると思っていた通り少し上げてきて50万円まで戻しました。まだまだ上昇して元に戻るかもしれませんし、さらに下落して0になってしまうかもしれません。(実際は0にはなりませんが)
さぁ、あなたはここで損失を確定させて50万円をドブに捨てる勇気がありますか?

この決断を出来る人はなかなかいないと思います。これが塩漬けです。怖いですねー僕も経験あります。

なぜ、こうなってしまうかというと、損失を受け入れてもいい額を越えてしまっているからです。
一般的には損失を受け入れられる額は、総額の2%らしいです。
この%は人によって変わるかと思いますが、総額が100万円なら20000円くらいですね。

つまり、今回の例であれば許容額を大幅に上回ったことによって「お金をなくしたくない」という気持ちが強くなりすぎたことで決済が出来なくなってしまったのです。

自分の許容損失額を損切り幅として設定してしっかりと守っていかなければ、あなたは塩漬けして退場になってしまう恐れがあります。
資金管理をしっかりと計画してルールとして設定しましょう。

借金してトレード

これは、説明しなくても分かりますよね?
あえて説明しませんが、絶対借金してFXはするもんじゃないですよ。

勝ち組までのロードマップ

では、愚かな行動はしないと決めたところで、勝ち組までの道筋を見ていきましょう。
これまで僕が経験してきた中からのお話になります。これ通りにすすめば、損を少なく勝ち組になれる可能性は高いと思います。

 

損失を出す時期について

FXには成長段階が存在します。

トレード初期
始めたばかりで、デモトレードや少額でトレードしている時。損失は軽微

迷走期
いろんなトレードの基準を知り試す時期。この時点でデモのモチベーションが下がってる人は維持するためにリアルを行い、大きく損失を出す

収支±0期
自分なりのスタイルができつつある状況で勝ったり負けたりを繰り返す時期。損失はほとんどでない。

利益増幅期
自分のスタイルが定着し、だんだんと利益が増え始める一番楽しい時期。

安定期
勝ち組と言われる存在へ

以上のような時期があり、FXで損失を出す時期は、トレード初期から迷走期が圧倒的に多いです。
逆に言えば、これを抜けた先の収支±0期まで来れたらもうほとんど損しません。

つまり、勝ち組になるまでに、この時期の損失をいかに抑えるかが勝利のかぎとなります。

行動の順番を知ろう

学ぶ上で行動の順番があることを理解しましょう。
これまで何回も言ってきましたが、いきなりリアルトレードしても絶対勝てるはずがないです。確実にトレードを繰り返す度にトータルで資金は減っていきます。
損失が出る時期を凌ぐことが出来れば、理論上は損しないで勝ち組になることができます。

具体的には以下のような流れになります。

学習の順番

①トレード根拠となるものを作る

②デモトレードを行う

③デモで収支±0にもっていく

④自分のスタイルを確立

 

では、流れが分かったところで、学習の順番をそれぞれ見ていきましょう。

①トレード根拠となるものを作る
まずはトレードの根拠を作りましょう。

これは、初めから最後まで終わりがないものですが、これを作らないとトレードしても無駄です。

なぜなら、勝っても負けても原因が分からないため、次に同じことが出来ないからです。FXでは、こういうトレードのことを再現性がないと言われています。
今、あなたが明確な根拠なくトレードをしてるなら、すぐにやめて根拠を作るべきだと思います。

ただ、ほとんどの初心者の方は根拠を作れないと思います。僕もそうでしたが、初心者の頃は根拠となる知識が圧倒的に足りてないのだからしょうがないことなんです。
根拠がないから負けるのに、根拠が作れない。まさに負の連鎖ですよね。

そこで僕からの提案なんですが、根拠がない人はダウ理論を正しく理解してチャートパターンを使った根拠を作ってみてください。

というのも僕がトレードに使っているのもダウとチャートパターンだけなんです。

チャートパターンには基本の形があって、それになるならそれ通り使うし、ならないなら逆の発想になるという使い方ができます。

例えばダブルボトムのネックを抜けたあとは次の高値まで勢いよく行くことが基本的な動きです。


しかし、次の高値まで行かず、その上昇が崩れたときは、上げきれなかったという事実が形成されてしまい基本とは違う形になります。

このことからダブルボトム下抜けを期待してもいいくらいの下落が期待できます。

このようにパターンがどのように形成されるのかを理解し、判断することがトレードの根拠になります。
ダブルボトムにしても上位足との絡みでいろいろパターンが作れると思います。

②デモトレードを行う
①の根拠を一つでも作れたら、それをデモトレードで試してください。

ここで注意ですが、①が作られるとなんだか勝てる気になってしまいますが、絶対にリアルトレードはしないでくださいね。まだ勝つ段階ではないので、負けちゃいますよ。
そして、このデモで思いっきり負けてください。そしてデータを集めて、自分の成績を把握してください。
データが集まったら、自分のくせやその時の相場をどう考えれば良かったのか検証を始めてください。リアルタイムで見ていたときと、出来上がったあとの考えの違いを深く考えることで、次第にリアルタイムでも出来上がったあとの考え方が出来るようになります。

この時点であなたは一切損失を出していませんが、これが出来てない人はこの段階で多くの人が脱落していきます。
この作業が一番重要な基礎を作りますので、辛い時期ですが頑張ってください。

ちなみに、僕の周りでどうしてもリアルトレードじゃないと気持ちが保てないって人もいました。確かにやる気が出ないのは分かりますが、損をしたいわけではないですよね?
増やしたいはずなのに確実に減らしにいっている自分の行動をもう一度見直してみてくださいね。

③デモで収支±0にもっていく
デモを真剣にやって、月の収支が負けないようになるまで②を続けましょう。

それが出来るようになったら、いざ!リアルトレードです。本当は少し勝てるようになってからがいいけど、待てませんよね(^^;

やっとやってきましたね。ここでリアルトレード開始です。でもここで慌てて大金入れたらダメですよ!

絶対負けますからね

まずは1万通貨からトレードを開始しましょう。この記事の始めで紹介した金額はここでやっと必要になってきますので、ゆっくり貯めてくださいね。
ここの段階でデモでは勝ってたのに、リアルじゃ全然勝てないって人は、デモでしっかりとした経験が積めてない証拠です。またデモに戻ってリアルとの違いを見直しましょう。

④自分のスタイルを確立
リアルでも収支±0に出来たら、だんだんとスタイルが確立されて成績も安定し出します。

もうあなたの夢はあとちょっとですね!

ここまで頑張ってください。

スポンサーリンク

まとめ

さぁ、今回の記事はいかがだったでしょうか?

リスクを極力減らして相場から退場させられることなく勝ち組まで上り詰める方法をお伝えしていきました。

これからFXを始める方の道しるべとなれていれば幸いです。

今後は、トレードの基準の話などをぼちぼち更新出来たらなって思います。

 

この記事はトレードする前のリスクについてお話しました。さらにトレード中のリスクについての記事も書いてますので、そちらも一度見てください。

【トレードリスクを抑える簡単な方法】FXのメリットと唯一のデメリットを解説

初心者から勉強カテゴリの最新記事