[FX]トレード解説ドル円(6/6)ダブルボトムネック抜け後の対応

[FX]トレード解説ドル円(6/6)ダブルボトムネック抜け後の対応

こんばんは。ズウです。

先日ヤフーニュースを見ていたら、ヤフーがパスワードを廃止するってニュースを見つけました。
なかなか斬新な制度でビックリでしたけど、ワンタイムパスワードを使うことでパスワードを盗むという概念自体を無くすっていうのは面白いですね。
しかも、この制度だとパスワード管理する必要ないから忘れやすい僕としては嬉しいかも。

でも、ますますスマホなくしたときが怖い世の中になってきましたね。そのうち体内型スマホとかになるんでしょうか?

ヤフーがパスワード廃止、人類はパスワードから解放されるか?
5月18日、ヤフーが「Yahoo! Japan IDのパスワードを無効化する機能」を発表した。所定のURLで手続きをすると、以降、ヤフーサイトへのログイン、ヤフースマートログイン対応のサービス利用について、パスワードの代わりに登録した携帯番号のSMSで送られてくるワンタイムパスワードを利用するようになる。


 

さてさて、相場解説ですが、今回は6月6日の相場です。
みなさんのトレードはいかがでしたか?
結構取れやすい相場だったのではないでしょうか。

しかし、僕はというと、この日は予想通りいってたのにノートレという悔しい結果でした( ;∀;)理由は後ほど

では、解説始めますね( ・`д・´)チャート準備お願いします!

 

 

6日朝時点での相場の状況についてですが、5日に110.00まで到達したことで一旦売られて下落しましたが、ほぼ全戻してきたという状態からスタートでしたね。

この110.00は、111.4から108.1までの日足レベルのA字に対する三尊の右肩の可能性があるポイントであるため、ここから売られて108.8を目指す動きになるかな?っともみてたんですが、朝起きた時点で109.5から109.9までV字上昇を見せていました。

この時点で、先程の日足右肩からの売りはしばらくお預け。

上に行きたいようなのでとりあえず短期が崩れ出すまでは上目線でスタートでした。

ということで、この日のポイントについてお話します。ちなみにこの日はノートレなので完全エアーとなっております( ;∀;)

 

スポンサーリンク

日足


まずはいつもの日足からです。

日足は104.6から111.4までの上昇に対しての押し目買いが108.1から入っているのが見て取れるため、その買いがどこまで継続するかを見極めるべきところです。

パターンとしては110.00付近で上にいけないをしてからの下落開始か、もっと上の111.0まで上がって揉む展開かの2つを見てれば大丈夫だと思います。
日足的にはどっちもありのポイントであって、多少ロング優勢かなってところです。
ま、デイトレには、あまり影響ないですけどね。

とりあえずおおざっぱに110.00で止められる可能性を考慮してればOKです!

基本は日足から流れを汲み取る必要があると思いますが、トレードの時間軸によっては逆のトレードすることもありますので、あまり日足の目線に固執しすぎる必要はないと思います。

目線逆でも、ちゃんとしたとこで入れば、そこまで負けないですからね(*’▽’)

4時間足

次の4時間足です。


この時間足で僕が注目していたレートは109.70~109.80です。
109.70は109.80から108.10までの下落の始まりのレートです。つまりここには大口の注文があったということが示されています。

今のチャートは、109.80から108.10まで下落後に109.05にネックを作り下げ止まり、V字上昇して109.80まで戻るというダブルボトムの基本の型を作り上げています。

さらに、109.70から109.05に届くような売りも入らずに109.80を上抜けて行くようであれば、上が強く高い確率で上昇が入ると予想できます。

だから、109.70をどう抜けてきたのか?に注目していました。
今回はまさに、浅い押し目で上がってきていたので、買いが強いと判断できますね。

トレードにおいて、一つでもいいので基本の型を持っているかどうかが安定して勝ち続けることができる要素の一つと僕は考えます。

トレードでは、刻一刻と動くチャートに対してリアルタイムに判断していかなければならないので、109.80のような根拠となるラインをリアルタイムで見つけられなければ、勝つのは難しいでしょう。

これらのラインを見極めるにはやはり基準に対する経験が必要になります。
FXで勝てないのは、知識はあっても経験が足りないことで知識を活かせていないのが原因の一つとして挙げられます。

だから、しっかりと自分の基準を作って、それに対しての経験を積み上げてください。
この地道な作業がこれからを変えていきますからがんばってくださいね。

 

ちょっと脱線しましたが、上昇以外のパターンも考えましょう。

109.80をちょい抜けしたけど、110.00で戻っちゃったってパターンです。

このパターンの場合は、6日朝のV字のような上昇は見せず、途中で折れ曲がって下がり出すことが多いと思われます。

朝のV字は109.45から買いが入ってますが、もしこの買いがV字にならずに途中で止まった場合は、その買いはV字を成すだけの力はないっていう証明になります。
その後再び109.35付近まで下げてしまうと、109.80を超えていった上昇に押し目が入らずに全戻ししたことになりますので、目線をやや下に向けだします。
この時点で三尊のパターンが考えられますので、じっくり引き付けて確認後ショートエントリーしていきたいですね。

スポンサーリンク

5分足にてエントリー

では、その後のエントリーに入っていきます。5分足です。

まず朝8時頃の判断ですが、この時点で109.9からの下落をV字で戻していますので、4時間足の分析と組み合わせて買いが強いと判断出来ます。

ではどうやってエントリーしていくかですが、正直言いますと、8時時点ではよく分かりませんでした。だからチャート形成を待ちます。

上に行くのは分かってますので、あとはタイミングをどう計るかですね。
待ってると眠くなってきますが、この時点で寝落ちしたらダメですよ?

寝たらエントリー出来ませんからね

しっかりゲームでもして起きててくださいね。

 

さてその後の展開ですが、注目は13時の上昇ですね。これが入ったことで、

下げられないで上げた=抜けが期待できる

となりまして、戻ってきたところで109.88付近でロングですね。
さらに、109.88でロング出来なくても15時40分はかなり上昇の可能性が高まってますので、こういうところで入れるようになれるといいですよ。

ちなみに損切りは109.8ぐらいでいいと思います。まぁ109.84抜けてきたらほぼ死にますがw

そのあとも順調に上昇して、0時50分に109.9を下抜けられないをしたあとの上昇を見せたので1時15分ごろにもロングいけそうですね。

その時僕は何をしていたかというと、お察しの通り昼は昼寝、夜は寝落ちしてましたw
起きてチャート見たときは激しく後悔×2でしたort

まとめ

さて、今回はダブルボトムネック抜け後の対応について、いい例が出来たのではないしょうか。
今回のポイントで戻りを狙ったショートを打つにはどうなればよかったかも一緒に考えてもらえるといいかなと思います。

では、また!

相場解説カテゴリの最新記事